ホームページ制作の価格

ホームページの価格は各社様々、本当に幅が広いですよね。

web検索すると、びっくりするくらい格安なものもありますし、
かなり高額なところもあります。

実は、ホームページ制作費の内訳はほぼ人件費です。

なので、安い・高いから良いというわけではありません。

安いホームページ

制作費が安いと、制作会社としてはどうしても人件費を削らないといけません。
サイト制作に時間をかけられないということになります。
ということは、その弊害がどこかに出てきます。

例えば、
コンテンツの内容が薄くなったり、(ライティング&デザイン&コーディング費削減)
打ち合わせの回数を制限されたり、(営業&ディレクション費削減)
酷い業者だとテンプレートを使いまわししたりということが起こります。(デザイン&コーディング費削減)

「他社サイトと同レイアウトのサイトがある。色が違うだけ!」というのは割とよくある話です。

ほかによくあるのが初期費用を安くし、公開後の保守契約で収益をとるというビジネスモデル。
安いと思いきや、長期契約になるとトータル100万円単位の金額になることも多いので注意が必要です。

また、初期費用が安ければ、サイト制作に十分時間を割けないので簡単な制作になる可能性が高いです。

保守契約といっても制作会社はほとんど何もしていないもの。
ホームページは公開後、分析&改善が必要ですが
保守契約内でしっかりやってくれる会社は極稀でしょう。

 

高いホームページ

だからといって、高いから良いということもありません。

ある程度の規模の会社では、制作は下請けに丸投げしていたりするので、
そういった場合、自動的にマージンが増え高額になります。

先述したとおり内訳はほぼ人件費ですから、
関わる人と時間が増えれば比例して、費用が増額します。

 

もし、提示された見積もりに疑問を持った場合は正直に聞いてみるのがおすすめです。
「なぜこんなに安くできるの?」とか「高いね!」とか。
なぜなら、高いホームページでも内容次第で良心的ということもあるからです。

私はフリーランスとしては高額の分類で制作しています。企業と同レベルの金額です。
ですが、お客様たちからは「この内容なら安い!」と仰っていただけています。
それほど時間をかけている自負はあります^^;(大変ですが…)

それに、ホームページは企業の未来を左右するほど影響力のあるツールです。
ホームページのおかげで売上が大幅アップした!という方も多く見てきました。

ホームページはビジネスのためにとても重要なツールです。
価格だけで決定せず、慎重に選定するのがおすすめです。