年始は台湾 高雄&台南に滞在していました。

台南は台北より更にディープで、飲食店の大半が屋台。
道路では車よりスクーターが圧倒的に多く、エンジン音と排気ガスに襲われました。マスク必須。

でも台南人はとても親切で、道に迷っていると必ず声を掛けられました。
初日はよっぽどキョロキョロしていたのか合計4人の台南人に話しかけられ、道案内してくれました。
みんな優しくて感動です…

台南 永樂市場 朝市。
ブルータスの台湾特集の表紙がこの市場なのだとか。

水仙宮市場の有名な台南春巻き屋さん。
美味しかったけど砂糖がたくさん入っていて甘かった。

昔、富裕層が多かった台南では貴重な砂糖をたくさん入れることで、豊かさを象徴したのだとか。
その名残で今も料理は甘い味付けなのだそう。

食材はスーパーで買わず、市場で買うのが主流だそう。
野菜やフルーツ、魚などどれも新鮮で美味しそうでした。

お祭り?に遭遇。

お廊の神様を担ぎ出していました。
日本では仏像を外に運び出すのは見られない光景なのでびっくりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください