本の内容が頭に残る:読書ノートのすすめ

今回はwebではなく「読書」の話題です。
読書する方ならきっと共感、参考になるのではと思い書きました。

 

最近、私は常に何かしら本を読んでいます。
大半はビジネス書で、内容はもちろん仕事に直結するもの。

読書から得る知識は私の仕事に役立てています。

1冊読むごとに何かしらの気付きがあるもので、
気づきを実践に移すことにより、自分のレベルアップにも期待。

読書し知識を得ることは、私の習慣になりつつあります。

 

***************

…と上記のような話をすると、勤勉な読書家だと思われそうです。

 

ですが、実際はそうではありません。
正直に告白します。

 

ほんの2年前まではビジネス書など読んだこともなく、
本自体、読まない人間でした。
ここ1年で急激に本を読むようになったのです。

 

そして、今は読書を始めたはいいものの、
過去に読んだ本達を見ると、

 

  • 「この本どんな内容だっけ…?」
  • 「具体的な内容が思い出せないから、もう一度読み返そう」

 

残念なことに内容を忘れてしまうのです。

 

一度読んだ本の詳細を思い返せないことが多く、
せっかく読んでも、読書を生かしきれていないのではと後ろめたい気持ちに。

同じ本を何度読めば忘れないようになるのか…

 

これでは(本を読む)時間と(本を買う)お金のムダ!じゃないか。

 

このままではいけないと、読書体験を生かす解決法として、読書ノートをつけることを思いつきました。

 

読書ノートとは、読んだ本の感想や要点などをノートに記録すること。

私の読書ノートはこんなことを

  • 心に響いた箇所をノートに書き写し
  • 分かりづらいところは図解
  • 最後に本の要点を簡単にまとめる

 

そのようにノートをつけだしてからは、
本の内容の理解度が高まり、読後の満足度も高まりました。

 

最大の利点は、手で書き写すから内容が自然と頭に入ってくること。
そして、ノートを読み返すことで再び頭に叩き込めること。

読書ノートは、忘れっぽかった私の強い味方になりました。

 

 

弱点はまとめや書き写しの作業のため、読了まで時間がかかることですが、
今までのように内容を叩き込めていないまま読了するより、全然良いと思っています。

 

読書ノート最高!

 

***************

1冊本を読むと、また次の本…と急ぐように読書していましたが、
1つ1つの本から知識得ること、実践に移すことを意識し、
読書の時間をムダにしないようにしたいと思います。


私はキャンパスノートに記録していますが、こんなかわいい読書ノートも販売されているようです。
(このノートにすれば良かった…!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください